安斉かれん主演!浜崎あゆみ「M」がドラマ化はいつ公開?ファンや世間の評判は?

エンタメ

カリスマ女性シンガーで、様々な恋愛遍歴を経ながら、つい最近もまたシングルマザーとして注目された、「平成の歌姫」こと浜崎あゆみ。

【M 愛すべき人がいて】という衝撃的な暴露本を出したのも記憶に新しいところですが、今回それが、地上波のテレビ朝日で連続ドラマ化されるようです。

ドラマの放送は、2020年春の予定です!

注目されるキャストや、世間の反応などについてみていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

浜崎あゆみ「M」ドラマ化・キャストと背景は?

2019年8月に発売された、浜崎あゆみの自伝的小説「M 愛すべき人がいて」は、暴露本だとして大変な話題になりました。

このドラマは、ノンフィクション作家の小松成美氏が、浜崎あゆみへの丹念な取材に基づき執筆したものがその原作となっています。

そしてまた「M」といえば、浜崎あゆみの大ヒット曲の1つでもあります。

そして、あの「M」が、自身が所属していたエイベックスの松浦勝人会長だったとは!ということで、日本中に大きな衝撃を与えました。

今回の「連ドラ」では、浜崎あゆみ役がタレントの安斉かれん、そして、松浦勝人会長役が俳優の三浦翔平に決定したようです。

主演の安斉かれんは、1999年生まれ 神奈川県藤沢市出身の20歳です。

『ポス(ポストミレニアル)ギャル』と呼ばれる次世代型ギャルの一人で、徐々に注目を集めています。

今回の抜擢については、彼女の歌唱力については評価を得ている一方、演技力は未知数との評価があります。

果たしてどんなあゆを演じるのか、注目されます。

お相手役の三浦翔平は、1988年生まれの31歳で、俳優とファッションモデルもこなす注目株です。

東京都出身で、身長181cm、体重68kg、バーニングプロダクションに所属し、妻は人気モデルの桐谷美玲です。

安斉かれんと三浦翔平のキャスティングが成功するかどうか、正式発表を待たずとも、不安と心配に襲われるファンも多いようです。

スポンサーリンク

「M」ファンや世間の反応は?

この発表に対して、早くもファンや世間は大きな反響を示しています。

いくつか抜粋してみましょう。

「口ずさみながら一気見、小学生の頃を思い出す楽曲の数々。

あゆの、季節を身近に感じる歌詞がすき。monochromeはマイベスト」

といった、従来からのファンの応援がある一方、

「あゆのMドラマ化?松浦役に三浦翔平?え?どこ情報?」

「安斉かれんって誰?」

「なんでMをドラマ化しようとおもたん?ほんでなんで三浦翔平なん?」

 

など、キャストに対するイメージとの相違は、思いのほか激しいようです。

一方、ある関係者は、三浦翔平が以前同じテレビ朝日の番組で好演した経緯を挙げ、今回も快演を期待しています。

ファンや世間の厳しい反応を覆し、関係者の期待に応えるためにも、主演キャストへの推測が当たっていたとしたら、抜擢されたそれぞれの立場で、精一杯の演技を披露し、高い評価を得られるよう、是非、頑張っていただきたいものです。

スポンサーリンク

まとめ

・浜崎あゆみの暴露本「M」が、民放テレビの連続ドラマ化決定

・主演キャストについての推測

・ファンはキャストに対して厳しい見方もある

「平成の歌姫」「カリスマ女性シンガー」「恋多き女性」そして最近の「シングルマザー」公表と、あまりにもめまぐるしく世間の注目を集め続ける、浜崎あゆみ。

ここまでのサクセスストーリーを一緒に紡いだ愛人「M」こと、エイベックスの松浦勝人会長との関係性は、まさにドラマチックなものがあります。

何はともあれ、浜崎あゆみの今後の活躍を期待したいものです。

 

以上、こたねこ調べでした。最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中です!
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
こたねこのおでかけ福岡

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました