豊田剛一郎(小川彩佳アナの夫) 出身校と経歴は?推定年収も調査

エンタメ

小川彩佳アナウンサー(現在はフリー)は、元テレビ朝日のアナウンサーで、あの「報道ステーション」のサブキャスターとして有名な方です。

その小川アナ。2019年に結婚していますが、その際に番組で「公私ともに新しい環境に身を置くことにしました」と語り、結婚と同時にテレビ朝日を退職すると発表し、大きな話題となりました。

そのお相手は、豊田剛一郎さんという一般人の男性です。

今回は、その豊田剛一郎氏についてみていきましょう。

スポンサーリンク

豊田剛一郎の出身校・経歴

小川彩佳アナの経歴も素晴らしく、医師である父親の仕事の関係で、幼少期をアメリカで過ごし、日本に帰国した後は青山学院大学附属小学校~大学まで卒業しています。

その小川彩佳アナと、知人の紹介で出会った豊田剛一郎氏の経歴がまた凄いのです。

ちなみに、豊田剛一郎氏は、1984年5月生まれ(35歳)で、彼の父親は、医師であり、元国会議員でもある豊田潤多郎さんという方です。

彼の出身校(学歴)と経歴についてみていきましょう。

学歴:

開成中学校、開成高校、東京大学医学部卒業(脳外科医としてのライセンス取得)

経歴:

1.聖隷浜松病院で研修医として勤務した後、NTT東関東病院の脳神経外科に勤務

2.米国「Children’s Hospital of Michigan」に留学し、米国現地での医師免許も取得

3.米国マッキンゼー・アンド・カンパニー入社

4.同社勤務後帰国、株式会社メドレー代表取締役医師に就任

5.オンライン医療事典「MEDLEY」・オンライン診療システムを開発するなど、「医療系IT社長」の異名を持って知られる

ここまで凄い経歴の人とは、普段あまり知り合える機会すらないですね。

ちなみに、小川彩佳さんと豊田剛一郎氏の最初のデートでは「ミシガン話」で盛り上がったといいますから、その話題自体「超セレブ」といった感があります。

小川彩佳さんは、医師の父親の影響で、アメリカのミシガン州で暮らしていた経歴を持っています。

また、豊田剛一郎氏も、前述のとおり米国ミシガン州留学中に現地医師免許を取得していますので、お互いにアメリカのミシガン州に親しみがあり話が盛り上がったのでしょうね。

スポンサーリンク

豊田剛一郎氏の推定年収は?

これほど、あまりにも圧倒的なキャリアを誇る豊田剛一郎氏のことですから、さぞやその年収も凄いことになっているのでは?と思いますね。

では、若干興味本位なところもあるかも知れませんが、豊田剛一郎氏の年収について推測してみましょう。

まず、日本では、医師の平均年収は約1,500万円と言われています。

そして、前述のとおり、彼は現在、自身が経営する企業で代表取締役医師を務めています。

この2つの現状、および彼の年齢や経験値を考え合わせると、厳密な根拠はありませんが、概ね、2000万円ほどではないかと推測されます。

ちなみに、マッキンゼー勤務時代の年収は600~800万円だったと想定します。

これは、同社における就労経験・年数や年齢、当時の役職などに基づき算定したものですが、それほど乖離はないと思われます。

この推定年収について、多いと思うか少ないと思うか、また彼自身の今後の将来を考えあわせると、それぞれの評価があると思います。

スポンサーリンク

まとめ

・元テレビ朝日の小川彩佳さんのご主人は豊田剛一郎氏という一般人

・豊田剛一郎氏学歴は開成中学校、開成高校、東京大学医学部卒業(脳外科医としてのライセンス取得)という高学歴

・豊田剛一郎氏の現在の推定年収は2000万円?

あの有名な報道番組「報道ステーション」で、長年にわたってサブキャスターを勤め、有名だった小川彩佳さんのご主人である豊田剛一郎氏の、凄まじい学歴と経歴には圧倒されます。

夫婦揃って素晴らしいセレブですが、今後の活躍を見守りたいものです。

 

以上、こたねこ調べでした。最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中です!
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
こたねこのおでかけ福岡

コメント

タイトルとURLをコピーしました