『麒麟がくる』あらすじと意味は?キャストや語りは誰?2020年大河ドラマ情報!

エンタメ

2020年1月から開始のNHK大河ドラマは『麒麟がくる』です。

『麒麟がくる』とは、どのような意味なのでしょうか?

今回の場合の『麒麟』は、一般的に言う動物のキリンではなく、中国の神話に出てくる伝説上の霊獣を表しているのだそうです。

「王が仁のある政治を行う時に現れる麒麟」

今回の時代背景は応仁の乱後の荒廃した世を立て直してくれる人を待ち望む姿が描かれています。

この貧しい時代を切り開く王は誰なのか?
仁のある政治をする者はいつ来るのか?

そういった麒麟が来ることを待ち望んでいる時代背景が見えますね。
明智光秀が生きた時代の人々の願いが込められたところから生じた『麒麟が来る』という題名です。

気になるキャスト陣も大変豪華ですね!

主演の長谷川博己さんを筆頭に、木村文乃さん檀れいさん佐々木蔵之介さん片岡愛之助さんなど旬の俳優陣で埋め尽くされています!

語りは歌舞伎の市川海老蔵さんです。

どこを取っても豪華なキャスティングですね。

この記事では以下のことをご紹介していきます。

  1. 『麒麟がくる』の意味について
  2. 『麒麟がくる』のあらすじについて
  3. 『麒麟がくる』のキャストと語りは誰?
スポンサーリンク

『麒麟がくる』の意味について

先にも述べましたが、『麒麟』とは一般的に「きりん」という音を聞いて連想する首の長い動物のキリンとは少し異なります。

『麒麟』とは、中国の神話に登場する空想上の霊獣のことを指していて、時に鳥獣の長『鳳凰』と対になって扱われることがあります。つまり、霊獣の長ということですね。

『麒麟がくる』のNHK公式サイトでは企画意図として次のように書かれています。

王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣、麒麟。
応仁の乱後の荒廃した世を立て直し、民を飢えや戦乱の苦しみから解放してくれるのは、誰なのか……
そして、麒麟はいつ、来るのか?
若きころ、下剋上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場をかけぬけ、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀。
「麒麟がくる」では謎めいた光秀の前半生に光を当て、彼の生涯を中心に、戦国の英傑たちの運命の行く末を描きます。
従来の価値観が崩壊し、新たな道を模索する現代の多くの日本人に向けて、同じように未来が見えなかった16世紀の混迷の中で、懸命に希望の光を追い求めた光秀と数多くの英傑たちの青春の志を、エネルギッシュな群像劇として描き、2020年、新たな時代を迎えるすべての日本人に希望と勇気の物語をお届けします。
明智光秀とはいったい何者なのか?
麒麟は一体、どの英雄の頭上に現れるのか……

今、すべてが、始まる──

引用元:NHK公式サイト

混沌とした16世紀の時代を救ってくれる仁政をする王は誰なのか?

その王はいつくるのか?

という意味で、『麒麟がくる』という題名になったのですね。

今回の大河ドラマは智将:明智光秀がテーマとなっています。

織田信長を裏切った人物として有名ですが、それは織田信長を表舞台にした場合の見方ですね。明智光秀側からみた歴史が今回は浮彫になるかと思うと、今から楽しみです!

スポンサーリンク

『麒麟がくる』のあらすじについて

舞台は応仁の乱(1467-1477)の後の混沌とした時代。

そんな世は乱れ、無秩序状態の中で、天下を統一し、乱世をおさめようとする戦国の英雄たちが登場しはじめます。

1540年代なかば、東西の要衝(商業や交通の要所)たる美濃の地に、一人の若き虎がいた。それが明智十兵衛光秀。一介の牢人である青年光秀の胸の奥にはまだ自分でも気づかぬ静かな炎が燃えていた。

当時、美濃を治める土岐氏一族は内紛にことかかなかった。
しかし、美濃の周囲には尾張の織田、駿河の今川、越前の朝倉で囲まれており、常に攻め込まれる危険を抱えていた。

若き虎(明智)は戦に駆り出されては、敵を撃破、その勇猛果敢な働きと戦略的才能は、土岐家の筆頭家臣、斎藤利政の目にとまり、利政に抜擢ばってきされるようになる。
その利政こそ、いずれ土岐家をのっとり、美濃を手中におさめる「斎藤道三」だったのです。

勇猛果敢な性格と類まれなる知力を、美濃を牛耳る斎藤道三に見いだされた明智は、道三の家臣として重用されるようになる。

当初は美濃で生きることに疑いを持たず、生涯道三に仕え、その中で日々をおろそかにせず生きていくことを望んでいたが、父代わりの道三に「大きな世界と対峙たいじすることがおまえの使命だ」と諭され、次第に考え方が変わっていく。

やがて、主君として付き従った道三がその息子・義龍に討たれると、美濃を追われるが、後半生の主君・織田信長と出会ったことで彼の運命が大きく動き出し、かの有名な【本能寺の変】への繋がっていくのです。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』のキャスト・語りは誰?

・長谷川博己さん 役:明智十兵衛光秀/明智光秀(あけち みつひで)
美濃の明智家に生まれるが、勇猛果敢な性格と類まれなる知力が認められ出世していく

・木村文乃さん 役:煕子(ひろこ)
光秀の正室 美濃の土豪・妻木氏の娘

・南果歩さん 役:深芳野(みよしの)
守護代・斎藤道三の側室。斎藤高政(義龍)の実母。守護・土岐頼芸(とき よりのり)の愛妾だった過去がある

・本木雅弘さん 役:斎藤道三/利政(さいとう どうさん/としまさ)
美濃の守護代・光秀の主君・戦国下剋上の代名詞的存在

・伊藤英明さん 役:斎藤義龍/高政(さいとう よしたつ/たかまさ)
道三の嫡男、母は守護・土岐頼芸の愛妾だった深芳野(のち道三の妾)
光秀の幼いころからの学友

・村田雄浩さん 役:稲葉良通(いなば よしみち) / 一鉄(いってつ)
美濃三人衆・斎藤道三有力家臣の一人 道三の強引なやり方に不満を持っている

・徳重聡さん 役:藤田伝吾(ふじた でんご)
明智家家臣 実直な性格だが、戦闘能力は非常に高い

・岡村隆史さん 役:菊丸(きくまる)
三河出身の農民

・石川さゆりさん 役:牧(まき)
光秀の母

・西村まさ彦さん 役:明智光安(あけち みつやす)
光秀の叔父(父の弟) 明智家当主で道三の家臣

・尾美としのりさん 役:土岐頼芸(とき よりのり)
美濃の守護

・堺正章さん 役:望月東庵(もちづき とうあん)
京に暮らす医師

・門脇麦さん 役:駒(こま)
光秀が京で出会う娘、医師・望月東庵の助手

・高橋克典さん 役:織田信秀(おだ のぶひで)
道三のライバル 織田信長の父

・染谷将太さん 役:織田信長(おだ のぶなが)
信秀の嫡男 後の戦国武将 本能寺で家臣明智光秀の裏切りにあったとされている

・上杉祥三さん 役:平手政秀(ひらて まさひで)
信秀を支える織田家老臣・信長のもり役

・沢尻エリカさん 役:帰蝶/濃姫(きちょう/のうひめ)
道三の娘 光秀と幼馴染で姻戚関係 織田信長の正妻

・片岡愛之助さん 役:今川義元(いまがわ よしもと)
「海道一の弓取り」の異名を持つ東海最強の戦国武将

・檀れいさん 役:土田御前(どた ごぜん)
織田信秀の継室 信長とその弟・信勝(信行)の生母

・佐々木蔵之介さん 役:藤吉郎(とうきちろう)
のちの豊臣秀吉

・滝藤賢一さん 役:足利義昭(あしかが よしあき)
13代将軍足利義輝の弟 室町幕府最後の将軍
政治的手腕に富み、抜群の先見性と外交力がある

・谷原章介さん 役:三淵藤英(みつぶち ふじひで)
室町幕府末期の幕臣(将軍奉公衆)、光秀の盟友・細川藤孝の異母兄

・眞島秀和さん 役:細川藤孝(ほそかわ ふじたか) / 幽斎(ゆうさい)
光秀の生涯の盟友 将軍奉公衆として室町幕府の再興に尽力

・吉田鋼太郎さん 役:松永久秀(まつなが ひさひで)
畿内の戦国武将であり戦国三大梟雄の一人
荒々しく、したたかな生き方で、若き光秀に大きな影響を与える

・小野真千子さん 役:伊呂波太夫(いろは だゆう)
駒が、東庵に引き取られる前の幼少期に預けられていた、旅芸人の女座長の娘
諸国の有力大名や京の公家に顔のきく不思議な女性

・向井理さん 役:足利義輝(あしかが よしてる)
室町幕府第13代将軍、塚原卜伝にも師事したといわれる剣豪将軍
三淵藤英を通じて、光秀と知己を得る

・風間俊介さん 役:徳川家康(とくがわ いえやす)
徳川幕府の創始者、桶狭間の戦いで今川方として参戦するも敗退
のちに今川から独立し、三河の戦国大名として織田信長と同盟を結ぶ

・伊吹吾郎さん 役:太原雪斎(たいげん せっさい)
東海最強の戦国大名、今川義元の軍師

※2019年9月23日時点での発表内容を元に作成しています。
俳優陣の追加発表があり次第追記していきます。

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の語りは、歌舞伎役者の市川海老蔵さんです。

市川海老蔵さんご自身のインタビュー内容です。

2020年はオリンピックの年であり、
私事ではありますが襲名の年でもあります。
そのような節目の年にこのような大役をいただき、
大変光栄に思っております。
魅力的な作品づくりの一助となるよう、
精一杯せいいっぱいつとめさせていただきます。

引用元:NHK公式サイト

市川海老蔵さんは2020年5月に十三代目市川團十郎白猿を襲名される予定ですね。

2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』は、「戦国時代」をはじめて4Kでフル撮影し、従来とはまったく異なる新しい解釈で英雄たちを描く予定です。
まさしく「大河新時代」の幕開けともいえる作品になるでしょう!

2020年も大河ドラマから目が離せませんね!

以上、こたねこ調べでした。最後までお読みいただきありがとうございます。

ブログランキング参加中です!
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
こたねこのおでかけ福岡

コメント

タイトルとURLをコピーしました